相手を知れば怖くない!アパレル系面接官がチェックするのはこれ!

相手を知れば怖くない!アパレル系面接官がチェックするのはこれ!

アパレル業界の面接で 注意したいこと

アパレル業界で転職を考えている人は、面接対策がとても重要です。

どのような求人でも基本的には面接がありますが、例えば事務職の求人であれば面接の意味というのはそれほど大きな役割を果たしません。応募者が真面目に仕事をできる人かどうかを見極めるだけの判断になります。

しかしアパレル業界というのはそういうわけにはいきません。

ブランド力もさることながら、競争の激しい業界で、社員の対応というのは売り上げに大きく影響してくるからです。

ファッションのセンスを問われる業界であり、それが第一であると考えている人も少なくありません。よって一生懸命にファッションについて勉強し、その知識をひけらかそうとする人がいます。

しかし、これはむしろ面接においてはマイナスになってしまいます。社員にいくら知識があったとしても商品が売れるわけではないからです。

 

アパレル業界での面接のポイントとは?

大切なのは柔軟な対応力や、印象の良さ、言い回しにおかしな点がないかというようなどちらかと言うと、一般的なビジネスマナーに優れた人材であるかどうかというのを重視しています。知識やセンスが求められるのはクリエイターの世界であり、自分に与えられている役割というのをしっかりと把握しておく必要があります。

このような面接官の意図というのを理解しておけば、立て続けに質問攻めにあう、圧迫面接のようなスタイルでも決して怖くはありません。

なんとか自分を困らせようとするのが目的ですので、落ち着いて冷静さを保っていればまずは第一関門クリアです。

質問されたことに全て正しく答える必要はありません。分からないことに対しては正直に「勉強不足で申し訳ありません」と答えた方が、好印象です。浅はかな知識で、不確かなことを言ってしまうと、採用する側としてはそれが自社の信頼を損ねるリスクになりかねません。

自分自身の良さを主張することはとても大切ですが、会社の一員として何が優先されるべきことかというのを冷静に判断できる人間が、求められています。