他のアパレル職へ転職すべき?悩めるあなたへ

他のアパレル職へ転職すべき?悩めるあなたへ

まずは自分の置かれてる状況を冷静にチェック!

アパレルで働いている人は自ら望んでこの業界に入った人も多いですが、実際に働いてみると辛いことが多く悩む人もいます。

その場合は転職を考えることになりますが、他のアパレル職に転職することだけが正解ではないのです。転職するか否かを決めるときは、自分が置かれている状況を鑑みることが大切です。

 

自分に原因がありそうな場合

まず、現在の職場で悩んでいる原因が自分の能力不足である場合です。

お客様が来店して接客しても購入してもらえることが少なかったり、他の販売員と比較して接客数と売り上げのバランスが悪いといった理由で店舗から課せられる常識的なノルマを達成できない場合は転職をして職場を変えても解決にはなりません。

この場合は自らの接客能力を上げることが悩みの解決方法なのです。

働くということは常に自分の力を向上させることを意識しなければならず、向上心がなければ働くことに充実感を見いだせません。必要なのは転職することではなく同僚の接客を見て学ぶなど、積極的に勉強する姿勢なのです。

 

働く環境に問題がありそうな場合

一方で、自分の能力ではなく職場に問題がある場合は転職することがおすすめです。

アパレル業界は労働環境が良い職場ばかりではなく、長時間労働を強いられたり低賃金で働かされることもあるのです。

規定労働時間以外の残業を行っても残業代が支給されないいわゆるサービス残業が常態化している店舗もあり、そういった職場で働いているのであればすぐにでも転職を考えるべきです。

職場環境が悪ければ毎日の勤務でストレスが蓄積し、身体や精神に問題が起こる可能性もあるのです。

そういった職場から新たな職場へ移籍することは決して恥ずかしいことではなく、むしろ推奨されることだと言えます。

 

転職活動には正しい情報を入手しよう

転職する場合は求人情報を確認することが大切です。勤務時間や賃金は充分であるか、社員の福利厚生は整っているかなどをチェックし、さらに実際に店舗を訪れて雰囲気を体感することで新しい職場に馴染めるかどうかが判断できます。