ファッション業界 転職活動中に必ず注意すべきこと

ファッション業界 転職活動中に必ず注意すべきこと

ファッション業界とひとくくりにいっても、カテゴリはたくさん存在し、自分の得意な分野で働ける環境を見つけるのはなかなか難しいです。

それでもこの業界に飛び込んでくる人というのは、ファッションやアパレルに強い興味を抱いている人がほとんどですので、なかなか他の業界へ転職するということもできません。業界の中で転職を考えてる人もたくさんいることでしょう。

ファッション業界で転職活動中に必ず注意すべきことというのがありますので、その点をしっかり踏まえて求人を探し、理想の業界人を目指しましょう。

 

自分の中の 転職理由をハッキリとさせる

まずいま自分がどのような理由で転職を希望しているのか、きちんと把握しておく必要があります。

ファッション業界は競争が激しく大変厳しい世界でもありますので、たくさんの企業がコスト削減や人件費を削って利益をあげようとしています。雇われた社員は過酷な労働を強いられることも少なくありません。

転職の動機が働き方にある場合は、絶対に労働時間や保証や待遇などをチェックしておく必要があります。

 

今の状況をきちんと把握!

一方で、仕事の中身に疑問を抱いている人は、今働いている企業がどのようなキャッチフレーズで求人を応募していたかを思い出しましょう。

同じような文言で求人を募集している企業に応募してしまうと、転職の意味がありません。

転職をする場合はせっかくですのでステップアップというのを目指すという人も少なくないはずです。その場合はファッション業界の勉強も怠らないようにしましょう。

また、当然センスを求められる仕事ではありますが、基本的には接客業となります。お客様からのたくさんの質問や、予想外の要求にも柔軟に対応できるように、ビジネスマナーというのも身につけておく必要があります。

アパレル業界の面接官の中には質問攻めをする人が多いのですが、これも相手を追い込むことによってその人がどのような対応能力を見せるかというのを評価しています。

実際に働いている人の口コミ評価を見たり、転職サイトに登録するのであれば担当者に実際の職場がどんなものかを教えてもらうというのも、必須事項です。